インターネットFAXの営業

毎日、いろんな人がやってくる。
うちの職場は、お客さんだけじゃなく、いろんな営業の人や業者の人も来る。
パンフレットを置いて欲しいとか、お中元をウチの会社で発注してほしいとか。
けど、うちの職場は親会社のパンフレットしか置けないし、お中元の発注先も決められている。

今日来たのは、通信会社の営業の人だった。
私は一番外側の席にいるし、留守番がメインの仕事なので自ずと接客することになる。
お茶を出して、少し話を聞く。
どうやら、インターネットFAXの営業の人らしかった。

うちの職場は、大きな複合機が一つある。
場所は取るけど、そこまで不便は感じていない。
それに、何か新しく導入するとなると本社に稟議を回さないといけない決まりになっている。
社内の細かい事情を説明するのもあれなので、丁重にお断りした。

とりあえず名刺交換は済ませておいたから、営業の人も仕事をしたことにはなると思う。
契約が取れれば、きっともっといいんだろうけど。
インターネットFAXの利便性は、よく分かった。
自分で起業するとなれば、ぜひ導入したいシステムだと個人的には感じている。